• 東京青山 ako's CONSULTATION ROOM

あふれる情報をどうとらえるか?


こんにちは

東京青山 セラピストのakoです。


前回の記事「私にとっての真実でいい」で、


何のためにコロちゃんは生まれてきたのか?

コロちゃんにかかる人の傾向は?


という私の心の中の疑問に対して、

答えが集まり始めたお話しをしました。

今回は、今の段階での「私にとっての真実」

のお話しをさせていただこうと思います。



日々様々な情報が流れてくる中

アップアップ溺れそうではありませんか?

私も正直そんな感覚になります。

その中で、

自分は何をどう受け止めるのか?

どれを取捨選択していくか?

自分にとっての真実はどれか?。。。

そう考えたときに気づいたのは、

それを見極めるには、

まず「自分」がないと難しい

ということです。

「みなさん、自分軸で生きていますか~~?」

コロちゃんはそれを突きつけているように感じます。

なんせ、コロちゃんは人や動物に

寄生することでしか増殖できない存在です。

つまり、究極の他人軸の生き方。

そのコロちゃんは、


自分にとってどんな存在か?



今、自分はどうしたらいいのか?

それを探すこと、考えることは、

自分を探すこと、考えることになり、

ひいては自分軸を強め、

免疫(自分と他を区別し不必要なものは排除する力)を

高めてくれるのではないかと感じます。

究極の他人軸のコロちゃんが、

自分の中にある他人軸に気づかせてくれて


それを変えることができれば


より自分軸で、

自分らしく生きられるようになる。

としたら、

同じものが同じものを治す、

同種の法則(≒ホメオパシー)です。

もう一つ、今の段階で私がこれだろう!

と感じていること。

それは友人の八代朋子ホメオパス

(通称:ともさん)が

メルマガの中で伝えてくれた

イランで、「冷え」にいいレメディーが

コロナウィルス患者に劇的に効果があった


というものです。


実は、その話を聞く数日前に、

いろいろなことを敏感に感じ取れる友人から



「コロナウィルスは『氷』って感じる」


といわれていたのです。

ちなみに、彼女はインフルエンザは『火』のように感じるそうです。

確かに、インフルエンザにいいレメディー

Bell ベラドンナは、

「真っ赤になり、燃えるような高熱」にいいレメディーです。

ですから、


コロナには冷えにいいレメディー


というのは私の中で

ぐっと信憑性を帯びてきています d(^^)b

冷えている=ガンになりやすい

人が多い時代

あなた冷えてるよ❣️


って言うことも

教えてくれているのかも。



この情報は、

ともさんのメルマガ読者へのものですので、

詳しく知りたい方は

ぜひこちらに登録してくださいね。

このメルマガに登録すると

世界のホメオパシー最新情報だけでなく、

3/16に彼女が行った、

「新型コロナ対策Zoom座談会」

の資料ももらえちゃいます♡

コロちゃんが教えてくれること

まだまだありそうで、

シリーズになりそうです(^^)